フィギュアスケートコーチからのタイツの履き方アドバイス (その1 レギンスの下には編)

USのフィギュアスケートコーチから受けたアドバイスで、フィギュアスケート用品選びに役立ちそうなものや「え?そうなんだ~?」と驚いたことなどをまとめていきたいなあと、ずっ~~~と思っていたのですが、忙しさにかまけ、ここまで、なかなか実現できずにきてしまいました。

正直、もうそんな志は忘れていたところに、最近、カナダのフィギュアスケートウエアの大手、モンドール社から1通のEメールが届きました。

それは、カナダ人コーチへの取材に基づいた、タイツの履き方についてでした。
アメリカ人コーチたちも昔から全く同じことを言っていたので、これは、初心者の方のお役にたつかもしれないと思い、私もずっとお伝えしなければ、と思っていたことでした。

フィギュアスケートタイツの履き方 レギンスの下


要約&意訳&結論から言うと、
 『レギンス・パンツの下には、フットタイツを履いて!』です。
理由は、寒い環境のフィギュアスケートでは、筋肉を冷やさないことがとても重要だからです。

スケーターが必ずウオーミングアップをするのと同じ理由です。どのスケーターもウオーミングアップの重要さは知っていますよね。ウオーミングアップは、寒い環境下で、柔軟性や結果を最大限にし、ケガを最小限にするためです。
レギンス・パンツの下にフットタイツを一枚履いていれば、筋肉を暖かく保つことができ、柔軟性やジャンプやスピンなどのすべての結果を最大限にし、ケガの防止につながります。

レギンス下に履くタイツは、靴ずれ防止にも役立ちスケート靴にフィットし滑りやすいフットタイツ(足つきのタイツ)が一番役立ちます(足つきのタイツ)。また、冬場には厚手のフットタイツがおススメです!

フットタイツ フィギュアスケートタイツの履き方


0 Comments

Post a comment